会社紹介

会社紹介

会社名 有限会社 三井刻印
所在地 〒203-0032 東京都東久留米市前沢3-1-5
TEL 042-473-2586
資本金 8,000,000円
創業 大正元年
設立 設立昭和59年
従業員数 9名(2015年9月現在)
営業範囲 国内全域
業務内容 1.小径工具(PCD工具・CBNエンドミル・超硬エンドミル)の製造・販売
2.金属刻印の製造・販売
3.金属微細加工(自社開発工具のテスト加工含む)

三井刻印の社屋

会社沿革

三井刻印の創業者

大正元年(1912) 東京・日本橋にて創業者・三井月申が設立。
昭和元年(1926) 東京・神田錦町に営業所を移転。
昭和19年(1944) 東京・豊島区要町に営業所を移転。
昭和37年(1962) 設備合理化に伴い、二代目・三井満へ継承。
昭和43年(1968) 東京・東久留米市中央町に移転。
昭和59年(1984) 業績拡大の為、有限会社三井彫刻を設立。
平成03年(1991) 設備のNC化に伴い、三代目・三井健一へ継承。 社名変更 有限会社三井刻印。
平成04年(1992) 設備増設に伴い、現所在地へ移転。
平成07年(1995) インターモールド・JIMTOF等の各種展示会に出展開始。
平成12年(2000) 理化学研究所(埼玉県和光市)・安斎博士、高橋博士と共同開発で小径CBN刃具の研究開発に着手。
平成13年(2001) 型技術(日刊工業新聞社)などの金型技術掲載誌にて当社開発の小径CBN刃具の記事を掲載。
平成16年(2004) 型技術者会議2004などの金型技術発表会にて当社小径CBN刃具についての講演開始。
平成18年(2006) 社団法人東京都信用金庫協会による優良企業表彰制度の審査員特別賞に当社が選ばれました。
平成19年(2007) 小径PCD工具の研究開発に着手。
平成20年(2008) 微細・小径PCD工具【特許出願中の製品含む】の販売開始。
平成20年(2008) 拡張に伴い、事務所 及び 工場を一部移転

主要取引先

アサヒエンジニアリング㈱、アルプス電気㈱、磐田電工㈱、SII㈱、㈱エヌエフティ、NTN㈱、オリエント時計㈱、
カシオ計算機㈱、㈱化繊ノズル製作所、キヤノン㈱、 ㈱熊本精研工業、㈱ジェイテクト、シチズン時計㈱、㈱鈴木楽器製作所、セイコーインスツル㈱、
セイコーエプソン㈱、千住スプリンクラー㈱、(独)造幣局、㈱デンソー、㈱七星科学研究所、日亜化学工業㈱、
日本精工㈱、パナソニック㈱、パナソニック電工㈱、パナソニックエレクトロニックデバイス㈱、
富士航空電子㈱、㈱不二越、ミネベア㈱、㈱リコー、㈱村田製作所、リコーエレメックス㈱、
リコーマイクロエレクトロニクス㈱、YKK㈱  ・・・など

《大学・研究機関》
東京大学生産技術研究所、長岡技術科学大学、福岡工業大学、山形県工業技術センター、(独)理化学研究所 ・・・など

《工作機械メーカー》
コマツNTC㈱、㈱ソディック、㈱牧野フライス製作所、三菱重工業㈱、安田工業㈱ 、碌々産業㈱ ・・・など

(五十音順・敬称略)

主な設備一覧

工具研磨機

EWAG WS11 工具研磨機

工具研磨機

BTT R100 工具研磨機

工具研削盤 EWAG WS-11
(自社開発モニタリングシステム付属)
3台
工具研削盤 BTT Micron R100
(自社開発モニタリングシステム付属)
1台
工具検査・測定器 自社開発製品(100~1000倍)
※特許取得済み
2台
工具検査・測定器 自社開発製品(350~3500倍)
※特許取得済み
1台
マシニングセンター 牧野フライス HYPER-5 (S32000) 1台
高速スピンドル ナカニシ HTS1500S (S150000)
※HYPER5用に特注
1台
CAD/CAM Alpha cam、FF/CAM ほか 計5種
NC放電加工機 牧野フライス EDNC-65 ほか 計3台
微細放電加工機 自社開発製品(非公開) ほか 計6台
マイクロスコープ マイクロスクエア DS-300 4台

MAP

所在地・・・東京都東久留米市前沢3-1-5
TEL・・・042-473-2586

お車でのアクセス・・・
練馬インターより車で30分
調布インターより車で35分
※カーナビご利用の場合は、電話番号より検索していらして下さい。

徒歩でのアクセス・・・
☆西武池袋線「東久留米駅」西口より西武バス(武12)武蔵小金井駅行き、(久留52)滝山営業所行き
☆西武新宿線「花小金井駅」北口より徒歩5分「花小金井駅入口バス亭」より西武バス(武12)東久留米西口行き、(武13)清瀬駅南口行き
共に、バス停「前沢住宅」下車徒歩10分程度

会社事務所の写真

本社工場の写真

PAGE TOP